歳を重ねると共に卵子は老化して行きます

歳を重ねると共に卵子は老化して行きます

驚いた事に、私たち女性は歳を重ねて行くごとに卵子の量や質が低下していく事が明らかにされています。

 

 

女性には赤ちゃんとして誕生した時から原始細胞と呼ばれる、卵胞を生み出す場所があるんですね。1番多い時で産まれた直後の200万個なんですが、成長をしていくと共にこの原始細胞は自然に消えて行ってしまうみたいなんです。

 

 

排卵が始まる思春期になる頃には、既に体の中には20万個程度の卵子しか残っていないと言われています。

 

 

男性の場合は常に精巣から精子が作られますので、完全に無くなってしまうと言う状況はほぼ考えられないのですが、女性の場合は新たに卵子が作られる事は無く、常に減って行く一方ですので正直時間との闘いなのかなーと思います。

 

 

さらに女性はおよそ1か月程(前後差ありますが)の月経周期がありますよね。毎回の月経を行っていく中で、およそ1000個ほどの卵子が失われており、これを1日に換算すると30個程毎日失っているという事になります。

 

 

また、老化してしまった卵子は機能を失っている事も多く、染色体異常をきたしている場合もあります。この状態になってしまいますと、仮に着床まで行けたとしてもその後育つことが無く流産となって別れを告げなければならない事もあります。

 

 

このような事もあり、女性は年齢が上がって行くにしたがって高齢出産と言う分類がされ、妊娠しにくいと言われるようになるんですね。

 

 

それだけでなく、20代であれば受精卵は細胞分裂を活発に行ってくれるのですが、30歳を境にして成長をすることなく途中で止めてしまう場合も考えられます。

 

 

女性だけでなく男性側にも問題が?

 

 

妊娠出来ない原因と言うのは必ずしも女性側だけとは限りませんよね。もちろん、男性側の精子の質や量が悪いことが原因でなかなか授かる事が出来ない場合も考えられる訳です。

 

 

実際、不妊治療を行い奇跡的にも妊娠する事が出来た今だからこそ胸を張って言えるのですが、妊娠するという事は本当に奇跡のように感じています。

 

 

10年ほど前の私は妊娠するのは簡単でいつでも赤ちゃんが出来ると思っていたぐらいです。当たり前のように行われていたことが、こんなにも過酷で大変なものだとは思いもしなかったのが正直な気持ちですね。

 

 

とにかく、この本文で伝えたいのは、妊娠出来る事はまさにミラクルである事、そして妊娠出来る期間にはタイムリミットがあるという事です。

 

 

特に仕事をバリバリこなすキャリアウーマンの方は、「今は仕事優先。妊活はその後でも出来る。」と言う考えを持ち合わせている場合もあるかと思うのですが、時間は限られているのが本当の所です。

 

 

実際に妊娠出来なくて不妊治療に通う方の80%は、歳を取るごとに妊娠し辛くなると言う事実を理解していないと当時通っていた担当医から言われました。もちろん私もその1人です。

 

 

いつ妊活に取り組んでも大丈夫なように、いつでも妊娠出来る状態にしておく事が大切になります。そんな時はまず体を温めつつ代謝を高め、妊活サプリなどから葉酸などの摂取などがおすすめです。

 

 

こちらのページでも書いているのですが、私が不妊治療に取り組む中でタンポポ茶を飲みながら冷え知らずな体質にし、妊活サプリから必要な栄養を摂るように心がけました。

 

 

これらの方法は特に必要な知識もありませんし、きつくて苦しい思いをする事もありませんのでおすすめです。是非、これから妊活に取り組もうという方は試してみて下さい。