体の毒素をタンポポが排出してくれる!

体の毒素をタンポポが排出してくれる!

 

 

タンポポによる作用はホルモンバランス生殖系だけに留まりません。通常、私たち人間は食べ物を食べお水などを飲むことで生命活動を行っていきますよね。

 

 

その中で必要となる栄養素だけを体に取りこむ事でエネルギーとなっていくのですが、要らなくなったものは老廃物として尿や便として体外へと排出していきます。

 

 

一般的には特に意識をしなくてもこのサイクルが行われていく場合がほとんどですが、なかなか妊娠する事が出来ない方の特徴として、毒素を体に溜めこみやすい体質を持っている事が挙げられます。

 

 

食べ物や飲み物以外にも、都心部ですと排気ガスなどの環境問題の影響もありますし、身近にタバコを吸う方がいらっしゃる場合は副流煙にも気を付けなければいけません。

 

 

若干話しは逸れますが、もし旦那さんがタバコを吸われるのであればなるべく止めるよう提案をしてみて下さい。自宅ではなく、離れたところで吸っていたとしても服などにもタバコの成分は付着した状態になっています。この成分を吸い込むことを三次喫煙と言うのですが、「自宅で妻がいない所で吸っているから大丈夫」と、聞く耳を持たない方も多くいらっしゃるのが現実です。

 

 

詳しくは三次喫煙で検索をしてみて下さいね。分からずやの旦那さんであったとしても、妊活中や、お腹の赤ちゃんの事を思えば一発で納得してくれるはずです。

 

 

さて、話題がそれましたが、体内に蓄積された老廃物を上手く外へと排出をされなければ、体内毒素としてどんどん積み重なって行きます。塵も積もれば山となると言うことわざがあるように、初めは少しだけだと思っていても、回数を重ねて行くごとに莫大な量までに膨れ上がってしまうのが盲点となっているようです。

 

 

毒素と言う言葉が付くぐらいですから、それがもたらす破壊力は凄まじく、細胞が本来持っている力をどんどん衰えさせていき、血液やリンパの流れを悪くして行ってしまうのが特徴です。

 

 

その結果、温めても温めても冷えが治まる事がない「冷え性」に悩まされたり、ホルモンバランスの乱れ、さらには慢性的に疲労感を覚えるなど、妊娠する事が出来ない要因が重なって行ってしまうんです。

 

 

妊活中はもちろんの事、お腹に赤ちゃんを授かる事に成功をしても油断は禁物なんですよ。

 

 

赤ちゃんは母親の胎盤から酸素や栄養素を補給して行きますから、血液の流れが悪ければ行き届かない可能性がある事も視野に入れておかなければなりません。

 

 

唯一の栄養源が母親の血液を介しているのですから、体内毒素が溜まり体に悪影響を及ぼしてしまうと・・・どうなるかは想像が付きますよね。せっかく宿った命を、流産や死産などで別れを告げなくなってしまう事に繋がりかねません。

 

 

さて、体内毒素を排出するためにタンポポの成分が良いという事がとある研究でも明らかにされているようです。

 

 

一般的にはこの体内毒素は尿に多く含まれておりますので、解決するためには尿を多く排出させる必要があると言う訳です。

 

 

実際に尿の排出量に影響をもたらすとされている、「慢性腎炎」、「肝硬変」、「関節炎」、「更年期障害」を持った方々にタンポポを使用する前とその後を検証した研究があります。

 

 

1日の尿の合計回数はかかっている病気により多くなった少なくなったはあるのですが、どの病気にも共通して言えたのが、尿の排出量が以前よりも増えたという事。飲み始めてすぐにと言う事だそうですので、タンポポの持つ効果が即座に現れたと言えそうですね。

 

 

この結果から、タンポポを使用する事で腎臓の機能を高めてくれるという事が分かりますね。妊娠する事を困難なものとさせている体内毒素を排出させるには良さそうです。

 

 

参考:赤ちゃんを授かりました!無理せず妊娠力をアップする不妊克服ガイド

 

 

妊活とタンポポに関する記事をもっと読む!