タンポポは乱れがちなホルモンバランスに効果的!

乱れがちなホルモンバランスに良い!

 

 

何か生理が来ないなーとか、周期に乱れが生じたり、月経の時の血液の量が多いと言うような症状はありませんか?

 

 

私も以前は生理周期が不規則になる事が多く、また精神的なイライラも募って行き憂鬱な毎日を過ごしていたこともありました。今となってみれば過去の事ですが、当時は本当に苦しく辛かったのを今でも覚えています・・。

 

 

このように、ホルモンバランスを調節させてくれる機能は間脳に位置する視床下部と言う部位になります。

 

 

身体が今どんな状態なのかを神経を介して脳に伝えて行き、その伝わった情報によってホルモンの働きを調節して行きます。

 

 

例えば、身体が冷えているから命を絶やさないために体温を上げる働きをもたらしてくれたり、身体に栄養素が足りていないから食欲を促して必要な栄養を摂り入れる働きなどなどです。

 

 

この、脳に伝えられていく時に伝えるための物質の事を神経伝達物質と言い、有名どころだとアドレナリンやセロトニンと言った言葉を聞いた事がある方も多いと思います。その中でもドーパミンと呼ばれる主に快楽物質を伝える神経伝達物質は、タンポポの影響を受けやすく通常よりも分泌を活発にさせてくれる作用があるんですって。

 

 

このドーパミンが流れる事で血液の量が増えて行きますし、その影響でピンと張り詰めていた緊張の糸も解けるようになります。

 

 

不妊で悩んでいる方は女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンのバランスが極端に偏っている事が多いんですが、タンポポの成分を身体に取り入れドーパミンの分泌が改善される事でこれらのホルモンのバランスが良くなると言う訳なんです。

 

 

必ずしも50:50になるかと言われればそういう訳ではありません。一般的に妊娠しやすい時期と言われている20代の若い内は、この2つのホルモンの内、エストロゲンの分泌量はプロゲステロンの分泌量に比べ少ない傾向にありますが、歳を重ねていく事で次第にエストロゲンを多く分泌するようになります。

 

 

このような事もあり、タンポポを取り入れる事は排卵の状態を良くし、卵巣の機能の向上にも期待が持てると言う事なんですね。子宮や卵巣など妊娠に関する機能が高まって行くので、より授かりやすい体質になるための近道であるようにも感じることが出来ます。

 

 

また、「タンポポは女性が積極的に摂るべき成分なの?」と疑問に思うかもしれませんね。実は、パートナーである男性にとってもありがたい効果をもたらしてくれるんですよ。バランスの取れた良質な精子を作り出すためにも、このエストロゲンは大活躍してくれます。

 

 

そのため、夫婦揃ってゆっくりとコミュニケーションを取りながら、タンポポ茶などを食後に飲むのも試してみる価値はありますよ!温かいタンポポ茶を飲みながら会話に花を咲かせることで、夫婦の絆もより深まって行くはず。

 

タンポポのその他の記事を読む!